キャッシングの申込みを2社同時におこなうと審査に通りづらくなる?

申し込みブラックになり兼ねないため危険

キャッシングで申し込みを複数おこなうと審査に通りづらくなります。余程緊急な場合には審査に落ちた時のことを考え保険としてもう1社というのは理解はできますが正直なところあまりお勧めできません。

理由は審査側にいい印象を与えないからです。

審査に申し込みをすると「申し込み」をしたということが個人信用情報機関に通知されます。その申し込みをしたという情報が個人信用情報機関を通じ別の金融業者にも伝わることになります。

その際、審査担当者はどう思うでしょう?「お金に切羽詰ってる」「他社で借りれなかった?」「貸し倒れの危険があるかも」「総量規制は大丈夫なのか?」と良い印象は持たないはずです。そうなると少なからず審査に悪影響を及ぼしてしまいます。こうなるといくら属性が良くても審査に通らなくなってしまう可能性も出てきてしまいます。

カードローンに申し込みをしたという情報は個人信用情報機関に6か月間残ります。ですので1件目に申し込みをしたという事実は6か月間は次の申し込み先にも伝わることになります。

審査に落ちてまた別の審査にいくつも申し込みを繰り返すことになれば、「申し込み」の履歴が残り、たくさん申し込んでるのに審査に通らない「申し込みブラック」の要注意人物だと思われてしまう可能性もあります。

ただ消費者金融への同時申し込みは多少審査も柔軟にしてくれるはずです。特に同日内なら過去に金融事故がなければそこまで悪いようには受け取ることはないでしょう。特にアイフル、アコム、プロミスあたりの大手ならそこまで悪いようには受け取らないはずです。ただし、消費者金融からの借入の場合は総量規制により借り入れの合計額が年収の1/3に抑えられてしまいますので申込みの際は限度額に気をつけましょう。

また大きな金額の借入を希望している場合は審査そのものがかなり入念になりますので同時申し込みは控えましょう。