クレディセゾン「MONEY CARD」

マネーカードの詳細情報
実質年率 利用限度額 審査時間 即日借入 総量規制
年15.0% 100万円 1週間 × 対象
ネット完結 遅延損害金 申込年齢 返済方式
なし 年率11.68%~20.00% 20歳~64歳 定額リボルビング方式

特徴は?

マネーカードは、インターネットからWEB完結で申し込みができます。

正社員のほか、パートやアルバイト、そして個人事業主の方も申し込みができるため、職業的な制約がないのが魅力的な特徴です。※学生は不可

また、他のカードローンとは異なり、『パートナーカード(配偶者様専用MONEY CARD)』があり、専業主婦の方でも同意を得ることが契約が可能というのは大きな特徴とも言えます。

郵送物はあるのか?

心配なのは、契約後に自宅へ郵送物が届くかどうかですが、ローンカードが届きます。

また、完済までの間は利用明細が郵送されるため、家族バレのリスクが高くなります。

その他にも、カードローン以外のダイレクトメールが送られるため、郵送物を気にされる方の利用には不向きです。

返済

返済方法は

  • 口座引き落とし(毎月末日締めの翌々月4日)
  • ATMで支払い(毎月5日、10日、25日、末日から選択)

のどちらかを選べます。

[利用残高と支払額(抜粋)]
利用があったときの締切日残高 支払額
10万円 4,000円
30万円 12,000円
50万円 14,000円
100万円 29,000円
150万円 40,000円
200万円 50,000円
250万円 65,000円
300万円 75,000円

保証会社はどこ?審査の難易度は?

マネーカードは、(株)クレディセゾンが自社で保証しています。

そのため、保証会社が保証を行う銀行カードローンに比べ、審査の難易度は低くなります。

ですが、クレジットカード会社のカードローンであることから、審査は消費者金融のカードローンよりも厳しくなります。

審査においては、クレジットカードの利用残高もチェックされるため、使い過ぎの状態では審査通過は難しくなります。

この点は、個人消費にノウハウを持つクレジットカード会社では共通となるため、審査難易度は高めになります。

あくまで、与信状況や返済能力が重視されるカードローンとなることから、申し込みをする際は他社借り入れやクレジットカードの利用残高には注意が必要です。

口コミ評判は?

マネーカードは、インターネット上の口コミでは高い評価を得ています。

審査面でのスピーディさはもちろんのこと、利用中のサービス面での口コミが多くあります。

特に目立つものとしては、セゾンATMを利用する場合、手数料が無料という点が高く評価されています。

利用手数料が108円や216円かかるカードローンと比べた場合、少しでも返済負担を減らしたい方にはおすすめと言えます。

全体的に満足度の高さが伺え、契約して間違いがないカードローンということが口コミから判断できます。

それ以外の口コミでは、特に悪い評価がなく、返済が遅れた際に厳しい対応がされる心配もないため、安心して利用ができます。

在籍確認はあるのか?内容は?

マネーカードは、勤務先へ在籍確認の電話があります。

心配なのは、職場の上司や同僚にバレるのではないかということですが、プライバシーに配慮されて行われるため、契約内容を第三者に伝えることがないため、心配することができます。

例え、バレたとしてもクレディセゾンはクレジットカード会社として知名度が高いため、クレジットカードの審査だという説明も可能です。

ですが、最近では企業側も社員の個人情報保護を優先する傾向にあるため、在籍確認の電話があったとしても回答しないケースがあります。

結果、審査落ちの要因となることもあるので、あらかじめ電話の対応状況は確認する必要があります。

クレディセゾンの場合、在籍確認の電話対応が困難な場合、あらかじめ相談することにより、対応してもらえます。

借り入れまでにどれくらいかかるか

借り入れまでの流れ

  1. インターネットから申し込み
  2. 審査結果の連絡(メール)
  3. ローンカードの到着(郵送)
  4. 必要書類の返送
  5. 利用開始

契約に必要な書類

  • 本人確認書類(運転免許証・健康保険証・パスポートなどのコピー)
  • 収入証明書のコピー

マネーカードは、インターネット・店頭・電話での申し込みが可能です。

特に店頭は、西友やパルコなどセゾンカードの加盟店でも申し込みができる点は他のクレジットカード会社系のカードローンとは大きな違いであり、魅力でもあります。

店頭や電話での申し込みの場合、審査結果は電話や郵送で行われ、ローンカードの到着を待つことになります。

一方、インターネットでの申し込みの場合、審査回答はメールとなり、店頭や電話より審査回答が早くなります。

その後、ローンカードを郵送で受け取り、借り入れが可能になります。

どちらも契約書の郵送と返送、同時に必要書類を郵送する必要があります。

審査回答まで1週間ほどかかり、ローンカードの到着が更に1週間かかるため、最短でも2週間近くかかってしまいます。

また、契約後に振込融資が可能になるものの、融資実行も1週間ほどかかるため、ローンカードを受け取ってからの借り入れと時間的な差がありません。

使いやすさ

利用可能ATM

CREDIT SAISON ATM、みずほ銀行ATM、セブン銀行ATM、イオン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM

マネーカードの2つのメリット

  • 振り込み融資に対応
  • 返済方法が選べる

マネーカードの3つのデメリット

  • 借り入れまでに時間がかかる(2週間ほど)
  • 新規申し込みは限度額100万円コースの1種類
  • カードが郵送のみ

まとめ

マネーカードは、カードローンとしてのスペックやサービスの充実性、借り入れ可能なATMの豊富さから便利と言えます。

特にセゾンATMといった専用ATMがある点では、他のカードローンより借り入れ時の負担が権限されるのは魅力的です。

ただし、申し込みから借り入れが可能になるまでの時間はカードローンの中での長い部類に入るため、急いでいる方にはおすすめではありません。

審査にお悩みならこのカード

ACマスターカード
  • 無人契約機でその日、その場で発行可能!
  • 年会費無料
  • 簡易審査が3分で完了
  • CMでお馴染み