千葉銀行カードローン クイックパワー<アドバンス>

金利

金利は、年4.3~14.8%と3大メガバンクのカードローンと比較し、大きな差はありません。みずほ銀行はコンフォートプランで年3.5~14.0%、三井住友銀行は年4.0~14.5%、東京三菱UFJ銀行は年1.8~14.6%となっています。

一見すると、最低金利という点に注目してしまいますが、実際に融資を受けて適用される金利は最高金利となるケースが多くなります。千葉銀行の14.8%はメガバンクに比べ、ほんの少しだけ高くなっていますが、毎月の返済次第で改善可能です。

一方、大手消費者金融の場合、最高金利18.0%が一般的であり、千葉銀行カードローンで契約する方がお得です。

限度額

利用限度額は3大メガバンクの最大限度額と比較しても全く引けを取らない大きさです。

みずほ銀行、三井住友銀行は最大800万円、東京三菱UFJ銀行は最大500万円となっており、千葉銀行のカードローンは800万円までです。

しかし実際に契約できる利用限度額は100万円以下が一般的であり、無関係な方がほとんどと言えます。

あくまで、返済能力すなわち収入に応じた融資額が設定されるため、基準となるのは大手消費者が定める総量規制内の利用限度額となってしまいます。

例えば、日本人の平均年収の420万円の方なら、契約できる利用限度額は140万円を下回ることとなります。

審査で必要になる書類は?

原則として所得証明書類が不要で契約できるため、基本的には身分証明書類の提出だけで済みます。

千葉銀行に銀行口座がある方は、既に身分証明書類を口座開設時に提出しているため、インターネットからWeb完結サービスを利用すれば提出が不要になります。

身分証明書類については、運転免許証以外に現住所の記載がある健康保険証やパスポート、住民基本台帳カードなどで問題はありません。ただし、運転免許証以外の場合、現住所の把握を行うため、公共料金の請求書の提出も求められるため、予め準備しておく必要があります。

審査基準

審査基準イメージ

千葉銀行カードローンの審査基準は、

  • 年齢が申し込み条件以内
  • 安定した収入があること
  • 千葉銀行の営業範囲内に居住または勤務していること
  • 保証会社の保証を受けられること

となります。

審査上で重要視されることは、与信状況と返済能力であり、特に個人信用情報に金融事故履歴が残っていないことや多重債務状況となり債務超過の危険性が無いことです。

金融事故履歴が残っている場合は、返済遅延や滞納といった軽微なものであれば、融資限度額が低くなるものの契約できる可能性はあります。ですが、自己破産や個人再生といった債務整理の情報が残っている場合は、確実に審査落ちしてしまいます。

その他に注意することとしては、保証会社となるエム・ユー信用保証(株)が保有する情報であり、東京三菱UFJ銀行やアコムにおいて金融事故を起こしていないというのが重要です。

特に、アコムで返済遅延や滞納があり、カードローンが強制解約となっていた場合は審査通過は不可能です。

審査時間

審査時間は、最短で即日となっていますが、申し込みのタイミングや審査状況で時間を要する場合もあります。

既に千葉銀行の銀行口座を開設し、給与振込口座として利用している場合はインターネットからのWeb完結サービスが利用できるため、最大2日ほど待てば結果が電話で通知されます。

一方で、2日以上が経過している場合は仮審査が通過できていない可能性があり、審査結果が郵送で届くこととなります。

この点については、公式ホームページ上にしっかりと記載がされているため、申込みを行う前に確認できるため、計画性を持って手続きをすることが可能であり、良心的とも言えます。

審査に通過するコツは?

千葉銀行カードローンの審査を通過するためには、基本的に金融事故情報が無いというのが重要です。

そもそも、千葉銀行の融資審査以外に保証会社であるエム・ユー信用保証株式会社の審査を通過することが必要ですが、個人信用情報の照会により他社借り入れや金融事故まで登録されています。

そして、エム・ユー信用保証株式会社は消費者金融系の保証会社であり、他社借り入れ状況を審査時に確認します。そのため、審査の通過率を上げるポイントとしては、多重債務状況を回避する必要があり、可能な限り借入先を減らしておくことがポイントです。

カードローン審査では、多重債務状況となっている場合、融資リスクが高いと判断されてしまいます。

在籍確認のタイミング

在籍確認

在籍確認タイミングですが、申し込み情報を基にした審査が通過した段階で行われます。基本的にスコアリング審査と個人信用情報の照会といった審査が完了し、その審査情報から保証会社が保証可能と判断された時に行われます。

千葉銀行の場合は、審査申し込みから1~2日の間となりますが、審査に通過できない場合は在籍確認が行われず、はがきにより審査結果が回答されます。

在籍確認自体は、審査が完了し、申し込み内容に記載した勤務先と個人信用情報に登録されている勤務先情報を照合するものです。仮審査を申し込みした段階で、申込者は在籍確認の実施に同意していることとなり、本審査以前に行われます。

千葉銀行カードローンの利用可能なエリア

お住まいの所在地が下記エリアにある方が利用できます。

千葉県 全域
東京都 全域
茨城県 全域
埼玉県 全域
神奈川県 横浜市、川崎市
千葉銀行カードローン クイックパワー<アドバンス>の詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
年利1.7~14.8% 10万円〜800万円 最短即日 無し 対象外 なし
保証会社 返済システム
エム・ユー信用保証(株) 残高スライド方式
千葉銀行カードローンの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
1.7%~14.8% 最大800万円 最短即日 無し 対象外 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
19.80%(実質年率) 満20歳~満65歳未満 残高スライド方式
借入限度額 金利
10万円以上~100万円未満 14.8%
100万円以上~300万円未満 9.0~12.0%
300万円以上~350万円未満 6.0~12.0%
350万円以上~400万円未満 5.5%
400万円以上~500万円未満 4.3%
500万円以上~650万円未満 4.0%
650万円以上~800万円未満 3.5%
800万円 1.7%