千葉銀行カードローンでおまとめできる?

千葉銀行カードローンは、公式サイトで借り換えOKとはっきり表示しており、おまとめ利用が可能です。申し込み時の電話確認で資金用途を尋ねられたときも、おまとめ目的であると答えて大丈夫です。

千葉銀行には借り換え専用の目的別ローンも用意されていますが、こちらは追加借り入れなしの返済に特化したローンとなっています。追加借り入れありの千葉銀行カードローンとは、少し用途が異なっています。

通常、おまとめ専用ローンが用意されている銀行や金融業者では、おまとめ目的でカードローンを利用しようとすると、おまとめローンのほうを勧められることがあります。しかし、千葉銀行はカードローンのほうでも借り換えOKと表示していることから、両者を状況に応じて使い分けることを想定していると考えられます。

千葉銀行カードローンでおまとめをするメリットは、借り入れを一本化しながらも、追加で借り入れができるということです。以前と同じようにカードローンを使いながら、効率的な返済が可能です。こうした使い方する人には千葉銀行カードローンを、追加借り入れを考えず、返済のみを進める方には目的別ローンを、というように、千葉銀行は目的に応じた使い分けを想定しています。したがって、千葉銀行カードローンはおまとめ利用にも積極的だといえるでしょう。

おまとめ目的での審査はどうなる?

一般的におまとめローンの審査は通常のキャッシング審査よりも厳しいと言われています。おまとめには高額な借り入れが必要であり、それだけ審査基準もが上がるから、というのが理由の一つです。また、現在の借入先や残高を確認したり、他社への返済を終えた後にその証明をしなければならない場合もあり、手続きが面倒だというイメージがあることも影響しています。審査が長引きやすいのも、おまとめローンの特徴です。

一方で、千葉銀行カードローンのような通常のカードローンは、申し込んですぐにどんな用途にも利用できる、という利便性が売りのひとつです。千葉銀行カードローンは即日融資にも対応しているほど審査スピードが早く、できるだけ早くおまとめをしてしまいたい方にとっても利用価値が高いです。

おまとめ目的で千葉銀行カードローンを利用する場合でも、審査の基準はその他の目的で利用する場合と変わりません。審査の過程で資金の利用目的について尋ねられますが、それはあくまで用途と金額に整合性があるかを確認するための質問です。おまとめ目的で利用するときも、審査基準が上がったりすることはありません。返済能力などに応じて審査が行なわれるだけなので、特に身構える必要はないでしょう。

ただ、現在の借り入れの状態については注意が必要です。他社への返済を延滞中の方は、審査に落ちやすくなります。おまとめを考えている場合は、希望する限度額がそれなりの金額になりますから、延滞はことさら不利になる、と考えておいたほうがよいでしょう。

いくらまでおまとめが可能?

千葉銀行カードローンでおまとめをする際に気になるのが、いくらまでおまとめできるの?ということです。おまとめは借り入れを一本化して金利を下げ、返済を効率的にするため行います。できれば全額を千葉銀行カードローンひとつにまとめてしまいたいものです。

千葉銀行カードローンの限度額は最高で800万円です。千葉銀行カードローンは総量規制の対象外のため、実際にいくらまでおまとめができるかは、申し込んだ人の状況や属性次第となります。

一般的には、1人が借り入れできる限界は年収の35%まで、と言われています。年収が300万円の方であれば、105万円がおまとめの限界ということです。借り入れをすると毎月、返済の義務が発生しますが、その他にも生活費などさまざまな出費があります。これらの出費も考慮して、返済できる限界の負担率が35%とされているのです。

ただ、千葉銀行が負担率の限界をどこに定めているのかは公開されていません。また、申し込んだ人の属性によって、審査の結果は異なってきます。この35%という数字はあくまで目安だと考えておきましょう。

おまとめ目的の利用であっても、審査基準は変わらないと先ほど述べましたが、審査の際にはおまとめ目的での利用であることもある程度は考慮してもらえます。審査によって提示された限度額は、それらをすべて加味して判断された金額なのです。

おまとめをした後の注意点

千葉銀行カードローンでおまとめをするメリットは、借り入れを一本化しつつ、さらに追加借り入れも自由にできるということです。カードローン利用を効率化しながら、これまで通りにカードローンを使えます。

ただ、返済を目的に考えた場合、追加で借り入れできるというのはリスクでもあります。おまとめができた安心感から、つい借りすぎてしまうこともあるからです。せっかくおまとめをしたのに借り入れが増えてしまっては、支払う利息も増えてしまいます。追加の借り入れは計画的な利用を心がけましょう。

千葉銀行カードローンでは、ATM、インターネットバンキング、テレフォンバンキングでいつでも追加返済ができます。手数料も無料ですから積極的に利用し、早めに残高を減らして利息を節約しましょう。

なお、千葉銀行カードローンでおまとめをしたあと、気をつけたいのが延滞です。銀行カードローンは延滞に厳しく、それは千葉銀行カードローンも変わりません。延滞をするとすぐに追加借り入れを停止されてしまいます。延滞を解消すれば借り入れ可能になりますが、たびたび延滞を繰り返すと、最後には追加借り入れが停止されたままになってしまいます。千葉銀行カードローンの返済は、基本が自動振替ですから、返済期日前の口座残高には気を配っておきましょう。

千葉銀行カードローンの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
1.7%~14.8% 最大800万円 最短即日 無し 対象外 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
19.80%(実質年率) 満20歳~満65歳未満 残高スライド方式
借入限度額 金利
10万円以上~100万円未満 14.8%
100万円以上~300万円未満 9.0~12.0%
300万円以上~350万円未満 6.0~12.0%
350万円以上~400万円未満 5.5%
400万円以上~500万円未満 4.3%
500万円以上~650万円未満 4.0%
650万円以上~800万円未満 3.5%
800万円 1.7%