千葉銀行カードローンの解約のやり方、メリットまとめ

解約の方法は?

解約でハサミ入れている

千葉銀行カードローンを解約したいときは、まず、残高をゼロにする必要があります。ATMやインターネットバンキング、テレフォンバンキングを利用して、利息を含めた借り入れを全額、返済しましょう。

解約の申し出は電話、もしくは千葉銀行の店頭で行います。店頭の場合は念のため、口座開設時の銀行印を持参しましょう。インターネットで口座を開設した場合、印鑑は使用しないので不要です。

解約に特別な手続きは必要なく、こちらから申し出て、カード番号や生年月日で本人確認ができればそのまま解約は完了します。カードは規約上、千葉銀行に返却しなければならないので、店頭に持ち込むか郵送で送り返しましょう。

また、利用者側でハサミを入れて破棄するという処分方法を指示されることもあります。解約時の担当者の指示に従いましょう。

解約しても再契約はできる?

契約書

千葉銀行カードローンをいったん解約しても、また再契約をすることは可能です。しばらく再契約できないといったデメリットもありません。ただし、再契約にはふたたび、一から審査を受けることになります。

この審査は、以前に千葉銀行カードローンを利用していたからといって省略されることはありません。在籍確認なども行なわれると考えておいたほうがよいでしょう。扱いは初回に契約したときと同じになります。

再契約するときに前回の利用時に開設した千葉銀行の口座とキャッシュカードが残っていれば、WEB完結が利用できるなど、素早く利用を再開できます。普通預金口座の維持にお金はかかりませんから、カードローンを解約しても口座を残しておくと、利用を再開するときには便利でしょう。

完済したときは解約すべき?

借金完済

カードローンを完済した時に解約すべきかどうかは、利用者にとってさまざまです。契約を残しても手数料が発生するわけではないので、特に何か不都合がなければ、解約しないで置いておく、というのもよいでしょう。

ただ、住宅ローンなど他のローンの利用を考えている場合は、解約する必要が出てきます。カードローンの限度額は、他のローン審査において、借り入れをしているものと同じ扱いになってしまうからです。

100万円の限度額があると、残高はゼロでも審査では100万円を借りている状態だと評価されてしまいます。別のローン審査を受けるときは、千葉銀行カードローンを解約しておいたほうが、評価は高くなります。

解約証明書って何に使うの?

千葉銀行カードローンを解約するときに、解約証明書というものを発行してもらえます。この解約証明書は、他のローン審査の際に提出を求められることがある書類です。

他のローン審査の際に千葉銀行カードローンの契約が残っていると不利になります。そこで、千葉銀行カードローンを解約してから他のローン審査を受けることになるのですが、このときに解約証明書を提出することで、解約したことを証明できるのです。また、住宅ローンの審査中に契約が残っていることが明らかになり、解約して証明書を提出するよう求められることもあります。

このほか、他社のおまとめローンを利用したときも、返済の証明として解約証明書を提出することがあります。
このように他社のローンを利用する予定があるなら、解約証明書はとっておいたほうがよいでしょう。

解約のメリット

千葉銀行カードローンの解約は、メリット、デメリットの双方があるので、今後の利用状況に応じて判断していきます。
解約のメリットは、

  • 他のローン審査で有利になる
  • 借り入れを抑制できる

となります。

解約することで他のローン審査が有利になることは既に述べましたが、そのほかにもメリットはあります。自分で借り入れをコントロールできない人は、思い切って解約してしまうというのもよいでしょう。

特に千葉銀行カードローンには、口座の残高不足を補う自動融資機能がついており、知らず知らずのうちに借り入れをしてしまうことがあります。解約しておけば、自動融資による借り入れが増えることもありません。

もし、カードローン契約を残しておきたい場合は、自動融資機能をストップしておく、という方法もあります。

デメリット

デメリット

解約するデメリットは、

  • 借り入れできなくなる
  • 実績がゼロになる

といったような点にあります。
いざというときに借り入れができないので、急ぎでお金が必要になったときにまた再契約する必要があります。そうなると審査もやり直しです。

さらに積み上げた利用実績がゼロになるので、金利や限度額が初回利用時付近にまで戻ってしまうデメリットもあります。今後も千葉銀行カードローンを利用する可能性があるならば、解約はしないほうがよいでしょう。

千葉銀行カードローンの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
1.7%~14.8% 最大800万円 最短即日 無し 対象外 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
19.80%(実質年率) 満20歳~満65歳未満 残高スライド方式
借入限度額 金利
10万円以上~100万円未満 14.8%
100万円以上~300万円未満 9.0~12.0%
300万円以上~350万円未満 6.0~12.0%
350万円以上~400万円未満 5.5%
400万円以上~500万円未満 4.3%
500万円以上~650万円未満 4.0%
650万円以上~800万円未満 3.5%
800万円 1.7%