三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック増額(増枠)審査のポイント

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックで増額(増枠)するには

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックでは、利用実績を積んでいくことによって、限度額を増額してもらうことができます。

また、バンクイックでは限度額の範囲で利率が決められており、100万円以下の利率は年12.6%~14.6%ですが、これが100万円超200万円以下になると年9.6%~12.6%に引き下げられます。

借入限度額 金利
10万円以上 ~ 100万円以下 年12.6~年14.6%
100万円超 ~ 200万円以下 年9.6%~年12.6%
200万円超 ~ 300万円以下 年7.1%~年9.6%
300万円超 ~ 400万円以下 年6.1%~年7.1%
400万円超 ~ 500万円以下 年1.8%~年6.1%
基本的に限度額が上がるほど金利も低下していくので、バンクイックの増額には金利がお得になるというメリットもあります。

バンクイックで限度額を増額するには、こちらから申し込む、もしくは三菱東京UFJ銀行からの増額案内に応じる、というふたつのパターンがあります。バンクイックでは限度額が自動的に増額されていくことはなく、必ず申し込みが必要になります。

なお、限度額の増額には、三菱東京UFJ銀行および保証会社であるアコムの審査を受ける必要があります。初めてバンクイックに申込んだときと同じように、審査に通らないと増額はできません。

場合によっては、審査落ちになることもありますし、限度額が減らされたり、借り入れ停止になることもあります。増額を申し込む前には、現在の利用状況をよくふまえて、それなりに準備をしたうえで増額に挑むことが大切です。

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック増額の手順について

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックで増額をするには、

  • 自分から申し込む
  • 三菱東京UFJ銀行からの増額案内に応じる

の2通りの方法があります。

自分から申し込む場合、第二リテールアカウント支店の専用ダイヤルに電話をかけることで申し込みができます。申し込みをすると審査が行われ、在籍確認が行われることもあります。また、100万円を超える金額に増額するときは、収入証明書の提出が必要です。

結果の通知は在籍確認などにかかる時間にもよりますが、平均して2、3日後に結果が出ることが多いようです。審査結果の通知と同時に限度額が増額されます。一方、三菱東京UFJ銀行から、「増額しませんか?」という勧誘の案内が送られてくることもあります。

携帯へのメールや自宅住所へのはがきで郵送されてくるのですが、この通知が来るということは、三菱東京UFJ銀行は増額をしたいと考えているということです。事前に増額の審査が行われており、それに通過した人をピックアップして勧誘が行われています。

増額の案内が来たということは、バンクイックで増額が成功する可能性が高いということです。この増額案内は、バンクイックの利用を開始してから、半年後以降に送られてくることが多いようです。

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの増額(増枠)審査について

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックにおける増額の審査では、年収や職業、勤務先が第一の基準になります。収入は返済能力に直結するため、年収が高く、職業や勤務先が安定しているほど審査に通りやすくなるでしょう。

また、両親と同居しているなど特定の家族構成では評価が高くなります。これは両親からの援助を受けやすいと考えられているからです。そのほか、家賃の発生しない持ち家に住んでいることなども高評価です。

こうした収入や生活環境はそう変化することはないため、前回の審査時とまったく同じ、という場合もあるでしょう。そんなとき、重要な判断基準とされるのが返済実績です。延滞することなくきちんと返済をしていることで、信用できる人物だという証明になります。

バンクイックを利用開始後、一度も延滞をしていないという人であれば、間違いなく実績として評価されます。ただ、逆に延滞があるとマイナスの評価も大きくなりがちです。バンクイックは銀行カードローンですが、銀行は延滞に特に厳しいです。

バンクイックで増額を希望するならば、延滞は絶対にしてはいけない、ということを肝に銘じておきましょう。バンクイックの増額審査では、在籍確認が行われることが多いです。これは自分から申し込んだ場合も、案内を受け取ったあとも変わりません。

在籍確認が行われる場合、事前にその旨が通知されるようになっています。

バンクイックで増額(増枠)に失敗してしまうケースとは

さて、実際にバンクイックに増額を申込んだ場合、どれくらい増額は成功するのでしょうか。増額の見込みが高いケースは、初めて契約してから半年後以降に、はじめて増額の申し込みをした、もしくは増額の案内を受け取ったケースです。

初回契約時は返済実績がないぶん、限度額が抑制されていることが多く、返済実績を積むことで限度額を増額してもらいやすい状況になっています。ただ、延滞が一度でもあるとアウトです。バンクイックだけでなく、保証会社のアコムでの延滞も問題になります。

また、信用情報でそれ以外のキャッシングの返済状況も調査されており、そこで延滞を繰り返していたりしても審査には通らないようです。このほか、増額審査を左右する要素としては、他社借り入れや他社の限度額があります。

バンクイックは、その人の収入に応じて融資できる金額を計算しており、そこから他社借り入れや限度額を差し引いた残りの金額を限度額として認めています。他社借り入れや他社の限度額が以前より増えていると、バンクイックが認められる限度額の枠が減ってしまいます。

こうなると増額(増枠)の審査に通らないばかりか、現在の限度額すら減らされてしまうこともあります。バンクイックで増額(増枠)したいなら、他社借り入れをできるだけ減らすように努力しましょう。

バンクイックの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
1.8%~14.6% 最高500万円 - 無し - 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
- 満20歳~満65歳 残高スライド方式
借入限度額 金利
10万円以上 ~ 100万円以下 年12.6~年14.6%
100万円超 ~ 200万円以下 年9.6%~年12.6%
200万円超 ~ 300万円以下 年7.1%~年9.6%
300万円超 ~ 400万円以下 年6.1%~年7.1%
400万円超 ~ 500万円以下 年1.8%~年6.1%