アイフルで即日融資が可能か平日・土日、時間別に解説!

アイフルで即日融資は可能なのか?

アイフルでは、申し込みをしたその日に出金できる即日融資が可能です。ただ、どの申し込み方法や契約方法でも即日融資が受けられるわけではありません。申し込みをする曜日や時間帯に応じて適切な方法を選ばないと、即日融資にならない場合もあります。

アイフルには最短で出金できる方法も用意されていますので、状況に応じて上手に使い分けて行きましょう。

審査受付時間と審査回答可能時間

アイフルではインターネットから24時間いつでも申し込みをすることができます。

しかし、実際に審査が行われているのは9時~21時の間です。21時以降の深夜に申し込みをしても最短翌朝8時からの審査になります。

インターネット以外の申込方法は、平日、土日祝日問わず電話なら9時~21時、無人契約機がある契約ルームは8時~22時となっています。アイフルの店舗でも申し込みできますが、こちらは平日のみ10時~18時が営業時間です。

審査にかかる時間

アイフルの審査は最短で30分です。審査の大半はコンピューターによる自動審査のため、審査時間の大部分は在籍確認や書類の確認、電話連絡が占めています。

審査で問題がなく、在籍確認がスムーズに済めば、約1時間ほどで借り入れまで進むことができます。

申し込み前にまずは日時を確認

アイフルで即日融資を受けるには、適切な申込方法、契約方法、そして出金方法を選ばないといけません。例えば、カードでATM出金しようとしても、カードの郵送受け取りを選べばカードが到着するのは翌日以降です。これでは即日融資になりません。

申し込みをする曜日や時間帯に応じて、適切なルートで手続きを進める必要があるのです。

平日か土日祝日か

即日融資の可否を見極めるために、まずチェックすべきは今日が平日かどうか、ということです。

平日であれば、指定した金融機関の口座へ当日振込が可能です。したがって、来店不要のインターネット契約が利用できます。
土日祝日の場合、当日中の口座振込はできず、翌営業日の処理となってしまいます。

よって、土日祝日では、契約ルームに出向いて無人契約でんわBOX「てまいらず」を利用し、直接カードを受け取る方法を選ぶしかありません。カードさえ手元にあれば、専用ATMやコンビニの提携ATMからすぐに借り入れをすることができます。

※写真は契約ルーム外観

平日の14時までか、それとも14時以降か

平日の14時もひとつのタイムリミットです。口座への当日振込が可能なのは、14時までに契約を終え、振込依頼ができたときのみです。

手続きの完了が14時以降になると、契約ルームで直接カードを受け取る方法しか即日融資を実現する手段はなくなります。

平日に申し込む場合

アイフルの即日融資は、平日であれば多くの手続き方法が選べます。ただし、14時以降は当日振込ができなくなるので、カードを直接受け取る契約方法のみとなります。

契約が14時以前に完了する場合

アイフルとの契約が14時以前に完了する見込みであれば、インターネット、電話、契約ルーム、店舗のどの方法で申し込みを行い契約しても、即日融資は可能です。手持ちの銀行口座を指定して、当日振込を依頼しましょう。

契約ルームで契約し、直接カードを受け取ってもよいです。

契約完了が14時以降になる場合

契約が14時までに完了しない場合、金融機関の口座への当日振込が不可能になります。

こうなると直接カードを受け取って、ATMで借り入れする方法しかありません。アイフルの店舗、または契約ルームに出向いて契約し、その場でカードを受け取りましょう。カードを受け取ったら、専用ATMまたはコンビニ等の提携ATMでいつでも借入可能です。

最速で借り入れする方法について

アイフルが推奨する最速の手続き方法は、インターネットで申し込みをし、その後、受付完了メールに記載されているフリーダイヤルに連絡することです。そこで急いでいることを伝えると優先的に審査をしてもらえます。

審査の間にアイフルの店舗や契約ルームに移動。到着後すぐに契約してカード受け取り、というのが最速の方法となります。契約には本人確認書類(場合によっては収入証明書も)が必要になるので、忘れず持参しましょう。

土日祝日に申し込む場合

土日祝日の場合もアイフルは審査を行っており、契約することも可能です。ただ、アイフルの店舗は閉まっており、金融機関への当日振込も不可となっています。よって、即日融資を受けられる手続き方法は限定されます。

申し込みはインターネット、電話、契約ルームで

アイフルの店舗は土日祝日は休業しているため、申し込みはインターネット、電話、契約ルームのみとなります。営業時間は平日と変わりません。審査可能時間も9時~21時と平日と同じです。

契約は契約ルームのみ

土日祝日は金融機関への当日振込ができず、口座への反映は金融機関の翌営業日となります。したがって、土日祝日に即日融資を受けるには、直接カードを受け取ってATMで借り入れをすることになります。

アイフルの店舗は休業しているので、利用できるのは契約ルームのみです。ここで契約後カードをその場で受け取り、ATMで借り入れを行いましょう。
※写真は契約ルーム内

土日祝日に最速で借り入れできる方法は?

土日祝日に最速で借り入れできる方法も、平日の申し込みと同じです。インターネットで申し込みをした後、フリーダイヤルに電話をかけて優先審査を依頼します。

そこから契約ルームに移動し、契約後にカードを直接受け取ればOKです。

その他の注意事項

アイフルでは即日融資が可能ですが、審査に時間がかかってしまう場合もあります。申し込めば必ず即日融資が可能というわけではない点には注意が必要です。

申し込みの実質的なタイムリミットについて

アイフルの審査可能時間は平日、土日祝日を問わず、9時から21時ですが、審査には最低でも30分以上かかることになります。

情報の入力や書類のデータ送信、オペレーターからの本人確認、在籍確認などにかかる時間も考慮すると、1時間は余裕を見ておいたほうがよいでしょう。できれば2時間、19時までに申し込みを終えるようにはしたいところです。

申し込みが多く混雑することもあるため、少しでも早く申し込みをしたほうがよいでしょう。

夜間や土日祝日の在籍確認について

審査では在籍確認が必ず行われます。

このとき問題になるのは、夜間や土日祝日では勤務先への在籍確認ができない可能性があるということです。翌営業日に在籍確認となると即日融資は不可能になります。

こんなときは社会保険証と給与明細の提出による在籍確認に切り替えてもらうことも可能なので、問い合わせをしてみましょう。

翌日にカード受け取りも可能

厳密には即日融資ではありませんが、アイフルではカード郵送のスピードにも力を入れています。

15時までに手続きが済んでいれば、翌日にカードが到着します。最寄りの店舗や契約ルームが遠く、カードを直接受け取れないという場合でも、翌日にはカードを使ってATM出金が可能です。

アイフルの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜18.0% 1,000〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 借入後
返済システム
来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜70歳未満 借入後残高スライド
元利定額リボルビング返済方式
ネット上のみで完了