アイフルの会員サービスでできることと、ログインできないときの対処法

アイフルには、PC、スマホ、ケータイからアクセスできる便利なインターネット会員サービスがあります。電話をかけたり、ATMまで出かけていなくても借り入れや返済ができ、利用状況を調べたり、限度額の増額を申し込んだりもできます。

アイフルの会員サービスにログインするには?

アイフルの会員サービスには、公式サイトのマイページから会員ログインを選びます。ログインに必要になるのは、カード番号と暗証番号のみです。別途、ユーザーIDなどを取得する必要はありません。カードに記載されている番号と、アイフルへの申し込み時に設定した暗証番号があれば、ログインできます。

会員サービスでできること

アイフルの会員サービスにて行えることは、

  • 振込融資の依頼
  • 返済時の振込先口座の確認
  • 口座照会
  • 限度額の増額申し込み
  • 申込情報の登録、変更
  • aiメールの設定

となります。

  • 振込融資の依頼
  • 指定した金融機関の口座へ振込融資を依頼できます。平日の14時10分までなら当日振込みです。ただし、振込融資を行うと明細が自宅へ郵送されます。申し込みをしたときに、明細送付なしを選択していると、振込融資自体が行えなくなるので注意しましょう。

  • 返済時の振込先口座の確認
  • 振込による返済をするとき、振込先になる口座を確認できます。ただし、振込みによる返済には、利用する金融機関の振込手数料が発生します。

  • 口座照会
  • 利用残高や残りの融資可能額、返済日や返済金額について確認ができます。

  • 限度額の増額申し込み
  • 増額の申し込みも会員サービスから行えます。

  • お申込情報の登録、変更
  • 住所や勤務先、電話番号などの変更手続きができます。住所や勤務先は、変更があったときは速やかに届け出を行う義務があります。忘れずに会員サービスで変更をしておきましょう。

  • aiメールの設定

支払日3日前にお知らせメールを受け取れるよう設定することができます。また、このaiメールを設定しておくと、増額が可能になったときにお知らせを受け取れます。

会員サービスにログインできない原因は?

アイフルの会員サービスを利用するにはログインする必要があります。しかし、カード番号と暗証番号を入力してログインしようとするとログインに失敗してしまうことがあります。

ログイン失敗の原因については、

  • カード番号もしくは暗証番号が間違っている
  • 1日に6回ログインに失敗している
  • 会員サービスのシステムメンテナンス中である
  • 長期間利用をしていなかった
  • 利用停止または契約解除になっている

などの可能性があります。

まず、疑うべきはカード番号や暗証番号の間違い、またはメンテナンスですが、利用停止になっている可能性もないわけではありません。カード番号や暗証番号の確認、メンテナンスの有無を確認し、それでも解決しないときは会員様専用ダイヤルへ問い合わせることになるでしょう。

ログインできないときの対処法

アイフルの会員サービスにログインできないときは、

  • カード番号もしくは暗証番号が間違っている
  • ということをまず疑いましょう。よくある失敗としては、カード番号を入力する際に-(ハイフン)も一緒に入力してしまっているケースがあります。アイフルの会員サービスにログインするときには、ハイフン抜きのカード番号を入力しましょう。また、暗証番号は半角の数字です。

    暗証番号がわからなくなってしまった場合、セキュリティの観点から、カードは再発行となり、電話や封書で教えてもらうということはできません。会員様専用ダイヤルに連絡し、郵送または店頭窓口、契約ルームでの再発行を依頼しましょう。再発行には、本人確認書類が必要です。

  • 1日に6回ログインに失敗している
  • 1日に6回ログインに失敗してしまうと、完全にロックがかかり、正しいカード番号と暗証番号がわかったとしてもログインはできなくなります。この状態を解除するには、カードを再発行してもらい、新たな暗証番号を設定するほかなくなります。むやみに暗証番号を試したりはしないほうがよいでしょう。

  • 会員サービスのシステムメンテナンス中である
  • 日曜、祝日の午前0時~午前6時は会員サービスのメンテナンスがあり、この時間帯はログインができなくなります。メンテナンス終了を待ちましょう。

    なお、臨時のメンテナンスが行なわれることもあるので、ログインできないときは、公式サイトのお知らせもチェックしておきましょう。

  • 長期間利用をしていなかった
  • 長期間アイフルを利用していないとき、不正利用防止のために会員サービスが停止されていることがあります。利用を再開するには、会員様専用ダイヤルに連絡しましょう。

  • 利用停止または契約解除になっている

なんらかの問題が発生したとき、会員サービスは利用停止になることがあります。また、カードローン契約が解除されたときも会員サービスは利用不能になります。

不正なログインや動作を検知して、利用停止になった場合は、会員様専用ダイヤルに連絡することで、利用停止状態は解除できます。ただ、セキュリティの観点から、カードの再発行を強く勧められるでしょう。

カードローン契約自体が解除されていた場合、元に戻すことは不可能です。もう一度アイフルに申し込んで審査を受けるしかないですが、延滞などによる解除の場合、審査の通過は難しいでしょう。

また、アイフルは5年間、借り入れがない場合も契約が終了します。この場合は、公式サイトから再申し込みを行いましょう。通常の申し込みと同様、審査は行なわれますが、以前に利用していたときの実績が考慮されます。

まとめ

アイフルの会員サービスは自宅や外出先でさまざまな手続きができるため、大変便利です。ログインに失敗しすぎると一時的にせよ、利用不可になり、カード再発行になってしまいますから、ログインできないときは、慎重に原因を探りましょう。

やってはいけないのは、心当たりがある暗証番号をとにかく打ち込んでみる、という行為です。1日6回の失敗でカード再発行になってしまうことをしっかり意識しておきましょう。

アイフルの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜18.0% 1,000〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 借入後
返済システム
来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜70歳未満 借入後残高スライド
元利定額リボルビング返済方式
ネット上のみで完了