アイフルの解約のやり方、メリットまとめ

急にお金が必要になってアイフルでお金を借りたけれども、その後使っていなくてどうしようか考えている人は多いかと思います。

アイフルは消費者金融ですので、契約をそのままにしておくと他の金融機関審査で思わぬ悪影響が起こってしまう事があります。

アイフルの解約について解説します。

解約方法、手順

アイフルの契約は5年ごとに自動更新される仕組みになっており、契約期間中は例え完済を行っていても自動で解約される事はありません。

解約手続きは窓口や電話で行う必要があり、完済をしてしばらく使う予定が無いのであれば解約を行うといいでしょう。

窓口で行えば残債の端数も完済できて、非常に便利です。

解約の手続きを行いますと、契約書の返却や必要によって解約証明書の発行を以て解約が完了します。

カードの破棄を行うように案内され、全てが終われば解約完了です。

解約した後に再契約はできるのか?

アイフルの解約を行い、再び使いたくなった時には再契約を行う事が可能です。

その場合、再審査が行われますが、生活環境や利用状態がよほど悪くなければ再契約は可能ですのでそこまで心配することは無いでしょう。

完済した時に解約した方がいいのか

アイフルは消費者金融ですので、完済をした後しばらく使う予定が無いのであれば解約を行った方がいいでしょう。

消費者金融の設定と利用履歴は、銀行などの金融機関で大きなローンを組むときにマイナス査定とされる場合がありますので、解約を行う事はお勧めです。

アイフルなどの消費者金融の借入を整理する事により、信用状態が良化し、銀行カードローンなどの上位のローンに通過する可能性もあります。

再びアイフル使いたくなった時でも、アイフルは審査の難易度が高くはないので比較的南端に審査には通るでしょう。

解約証明書とは?どんな時に使うの?

解約証明書はカードローンやキャッシングの契約を解約したことを証明する書類になります。

のりかえローンやおまとめローンで銀行側から求められたりしますし、住宅ローンを組む際に金融機関の担当者から求められることがあります。

必要な場合はアイフルの担当者に請求するといいでしょう。

解約のメリット

アイフルを解約すると、消費者金融からの利用実態や設定枠が無くなりますので格段に信用状態が良くなります。

次に資金が必要になった時、今度は消費者金融ではなく、より上位の銀行カードローンの審査に通過できる可能性も高まるでしょう

カードを解約することにより、簡単にお金を借りる事ができなくなり、借金癖が無くなると言ったメリットもあります。

デメリット

デメリットとしては再審査で同じ結果が得られないと言った懸念が挙げられますが、アイフルを含め消費者金融の審査は必ずしも難しくはありませんのでそこまで気にする必要はないでしょう。

まとめ

アイフルの設定枠はそのまま放置しておくと、他の金融機関の審査に影響を及ぼす事が多々あります。

完済を行って、しばらく使う予定が無いのであれば思い切って解約をするようにした方がいいでしょう。

アイフルの様な消費者金融会社は解約をしても、再契約は容易いので勿体無いから残しておくという事も必要ありません。

解約を行うことにより、より上位のローン審査が通りやすくもなるため、使う予定がないなら迷わず解約すると良いでしょう。

アイフルの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜18.0% 1,000〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 借入後
返済システム
来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜70歳未満 借入後残高スライド
元利定額リボルビング返済方式
ネット上のみで完了