アイフル

アイフルってどんなカードローン?その特徴をまとめてみた!

アイフルは、アコム、プロミスと並ぶ、消費者金融最大手3社のうちのひとつです。アコムが三菱UFJフィナンシャル・グループ、プロミスが三井住友フィナンシャルグループの一員であるのに対し、どの金融機関のグループには属さない独立系の消費者金融となっています。

アイフルは主力のカードローン事業のほか、おまとめローン2種や事業者向けローン、女性向けローンや目的別ローンなど、ローン事業を幅広く行っています。

保証業務も行ってはいますが、メガバンクのグループには属していないため、大手銀行カードローンの保証会社にはなっておらず、いくつかの地方銀行のカードローン事業と保証契約を行っています。

アイフルにはどんな特徴やサービスがある?

アイフルのカードローンの金利は、実質年率4.5%~18.0%、最高限度額500万円まで、となっています。

金利

カードローンの金利を比較するなら、より多くの人が適用になる上限金利を比べるべきなので、アイフルのカードローンの金利は18.0%です。

これはプロミスの17.8%に少し及びませんが、アコムやモビットの18.0%とまったく同じです。

カードローン 金利
アコム 3.0%〜18.0%
アイフル 4.5%〜18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
モビット 3.0%~18.0%
消費者金融各社の金利差はほとんどないといってよいでしょう。

限度額

アイフルのカードローンは、最高限度額は500万円までとアコムやモビットの800万円とはかなり差がついています。

カードローン 限度額
アコム 1~800万
アイフル 500万円以内
プロミス 500万円まで
モビット 1万~800万
しかし、この差の影響を受けるのは一部の人のみです。なぜなら、消費者金融には総量規制による制限があるからです。

年収の3分の1までの金額しか限度額を設定できないので、500万円以上の限度額を受けるには、年収が1500万円以上も必要になるのです。アイフルの限度額500万円も、通常の利用をするうえではじゅうぶんな金額であるといえます。

これら基本的なスペック以外にアイフルのカードローンの特徴を並べると、

  • 即日融資が可能
  • 家族に知られずに利用しやすい
  • 30日間利息0円サービス

となります。
これらの特徴を順に見ていきましょう。

即日融資が受けられる!

アイフルでは、多様な申し込み方法、スピーディーな審査、そして、すぐに出金できる手段が用意されており、審査に時間がかからない人であれば、即日融資も可能になっています。即日融資を希望するのであれば、まずはインターネットで申し込みを行いましょう。

申し込みが終わると、受付完了のメールがメールアドレスに送られてきます。そこにフリーダイヤルの番号が記載されているので、その番号に電話をして、急いでいることを伝えましょう。すると、アイフルでは優先的に審査を受けられるようになります。

その後、審査結果がすぐに通知され、必要書類の提出が済めば、契約完了です。即日融資を実現する際のハードルになりやすい出金方法ですが、アイフルは振込融資が用意されています。

平日の14時10分までにネットや電話で振込依頼をすれば、その日のうちに指定した口座に借りたお金が振り込まれます。それをATMなどから出金すれば、即日融資は完了です。

もし、振込融資を使いたくない、もしくは使えないのであれば、アイフルの店舗か無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを直接受け取ってしまいましょう。こうすれば、振込依頼をしなくても直接ATMでお金を借りることができます。

家族にナイショで利用しやすい?

家族に秘密のままカードローンを使いたいとき、気をつけなければいけないのは自宅への郵送物です。
自宅に郵送されるものとしては

  • 契約時のカード
  • 利用時の明細書、領収書

があります。

無人契約でんわBOX「てまいらず」

アイフルでは、店舗か無人契約でんわBOX「てまいらず」を使うことで、契約時に直接カードを受け取れます。これで自宅へのカード郵送を防ぐことができます。

配達時間えらべーる

また、アイフルでは「配達時間えらべーる」というサービスを行っており、指定した時刻に本人が身分証を提示してカードを自宅で受け取ることも可能です。これは本人以外が受け取れないシステムになっています。

利用時の明細、領収書に関しては、契約時に送付に同意していない場合、明細書、領収書の送付が発生するサービスすべてにストップがかかるしくみになっています。知らず知らずのうちに明細などが自宅に送られてくることを防ぐ措置がとられているのです。

ただ、送付に同意していないと、一部のATMを利用することはできなくなります。セブンイレブンやファミリーマート、ミニストップなど、全国展開している提携ATMは利用できますが、使えないATMも出てくることには気をつけましょう。

また、明細書の送付に同意していない場合、振込融資も利用不可になってしまいます。家族にナイショのままアイフルを利用するときは、カードを使ったATM出金がメインになるでしょう。

30日間利息0円サービス

他社のカードローンでは、アコム、プロミスなどが30日間無利息サービスを行っていますが、アイフルも後発ながら、そのサービスに参入しました。アイフルでは契約日の翌日から、30日間利息が0円になります。

この30日間利息0円サービスの条件は、アイフルを初めて利用すること。他社と同様に無利息なのは初回利用の30日間のみとなっています。ここで気をつけたいのは、無利息の期間が契約日の翌日から自動的にスタートしてしまうこと。

無利息期間適用日の比較
会社 適用日
アイフル 契約日翌日から30日間
アコム 契約日翌日から30日間
プロミス 初回出金の翌日から30日間
レイク 契約日翌日から30日間
or
5万まで180日間
カードを作っておいて、あとで30日間の無利息を利用する、といったことはできなくなっています。契約後すぐに借り入れを行なったほうが無利息のメリットをじゅうぶんに受けることができます。

こういった性質から、30日間利息0円サービスは即日融資と相性がよいといえます。この30日間利息0円サービスのときにありがちな失敗は、一回目の返済を忘れる、ということです。

利息は発生しませんが、最初の返済は利用開始後、30日以内にやってくる場合があります。このとき返済を忘れると、そこで無利息の期間は即座に終了してしまい、その次の日から利息と、さらに遅延損害金が発生してしまいます。

利息は発生しないけれど返済日はやってくる、ということをしっかり覚えておきましょう。

アイフルに申し込める人

■申込みができる人

  • 正社員
  • 契約社員
  • 派遣社員
  • パート
  • アルバイト
  • 主婦(専業主婦を除く)
  • 自営業者

アルバイトでもパートでも職業の形態に関係なく、何らかの収入が自分自身にある場合は申し込みが可能です。

■申込みができない人

  • 専業主婦(主夫)
  • 年金受給のみ
  • 無職

専業主婦や無職の場合、収入がありませんので借り入れはできません。
これはアイフルだけではなく、他の消費者金融も同様です。

その理由は、消費者金融が貸金業法にのっとって営業しているからです。
貸金業法では原則、収入が無い人への貸し付けができないと決められています。

専業主婦の場合は、「配偶者貸付」で借りるという方法がありますが、配偶者の同意や各種書類の提出が必要で、さらに手続きに時間や手間がかかるという理由で、現在は大手の消費者金融では配偶者貸付はおこなっていません。

アイフルの審査で必要になる書類

カードローンの申し込みには、本人確認書類が必要になります。さらに、50万円を超える限度額を希望するとき、または他社借り入れと今回の借り入れが合わせて100万円を超えるとき、収入証明書の提出も求められます。これはアイフルのカードローンであっても同じ。

即日融資を希望するときなどは特に、事前に用意してから申し込みをしましょう。アイフルの申し込みに必要な本人確認書類は、まず運転免許証、なければ各種保険証、住基カード、パスポートのいずれかひとつとなります。

最近では保険証に顔写真がついていませんが、この顔写真なしの保険証を本人確認用に使う場合、住民票や公共料金の領収書の添付が義務付けられました。もし、保険証を利用するならば、忘れないようにしましょう。

本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合も、現住所を証明する書類が追加で必要になります。こちらも住民票や公共料金の領収書でOKです。印鑑証明なども使えます。

アイフルで求められる収入証明書は、源泉徴収票、住民税決定通知書、所得証明書、確定申告書です。給与明細書でも収入証明は可能ですが、この場合、2ヶ月分を提出しなければなりません。また、ボーナスも年収に含めたいときは、賞与明細書も用意する必要があります。

書類1枚で収入証明を済ませたいなら、給与明細書以外のほうが便利です。

アイフルの審査の特徴は?

アイフルの審査基準は、基本的に他の消費者金融と同じだと考えてよいでしょう。年収や他社借り入れの状況から、返済能力があるぶんだけ限度額を設定を受けられます。返済能力に余力がないと判断されれば、残念ながら審査落ちになってしまいます。

そのほか、審査落ちになる要因として、過去5年以内の他社での金融トラブルが挙げられます。その期間内に長期の延滞をしたことがあったり、債務整理を行った経験があると、信用情報を調査されて審査落ちになってしまいます。

また、アイフルで起こした金融トラブルは時効がありません。過去にアイフルで上のようなトラブルがあると、社内ブラックとなり、再び審査に通るのは至難の業でしょう。

アイフル特有の審査事情としては、アイフルはアコムやプロミスのように、手広く保証事業を行っていないという点が挙げられます。

アコムはバンクイック、プロミスは三井住友銀行カードローンといったように、他社は銀行カードローンの保証業務をいくつも手がけています。アイフルはいくつかの地銀のサポートはしていますが、メガバンクのカードローンなどは手がけていません。

銀行カードローン保証会社一覧
カードローン名 保証会社
三菱東京UFJ
バンクイック
アコム
みずほ銀行
カードローン
オリエントコーポレーション
三井住友銀行
カードローン
SMBCコンシューマーファイナンス
新生銀行レイク 新生ファイナンシャル
オリックス銀行
カードローン
オリックス・クレジット
または
新生フィナンシャル
楽天銀行
スーパーローン
楽天カード
セディナ
じぶん銀行
カードローン
アコム
セブン銀行
カードローン
アコム
アコムやプロミスでは、メガバンクのカードローンで起こした金融トラブル等の社内ブラック情報が原因で審査落ちになってしまうことがありますが、アイフルではそういったことは起きにくいという事情があります。これはアイフルを選ぶメリットのひとつかもしれません。

アイフル申し込み後の流れ

アイフルの審査の流れは

申し込み → 担当者からの電話確認 → 審査結果通知 → 書類提出 → 契約

となります。

STEP1:申し込み
  • インターネット(パソコン・スマートフォン・携帯電話など)
  • アイフル店舗
  • 契約ルーム
  • 電話
  • 女性専用ダイヤル

インターネットからなら24時間お申し込み可能。その他直接来店や、電話でも申し込みを受け付けています

STEP2:審査
  • インターネットから契約するときは、メールかFAXで本人確認書類を送信します。
  • 自動契約機を利用して、契約書類を作成することもできます。

インターネットからのお申し込みの場合、審査結果は電話またはメールでお知らせ。ご融資をお急ぎの方は、フリーダイヤル「0120-006-766(受付時間9:00~21:00)」へ連絡。

STEP3:契約手続き
  • 書類提出サービスやメールで必要書類を提出。

本人確認書類(その他、場合により収入証明書)を書類提出サービスフォームから必要書類をカメラで撮影し画像データとして提出することができます。その他にFAX・郵送で送付、またはメールで送信も可能です。

STEP4:お借り入れ
  • アイフルATM・提携CD/ATM
  • インターネットからの振込予約
  • 電話からの振込予約
  • アイフル店舗でのご融資

アイフルのATMや、提携先のコンビニなど、全国のATMにてお借り入れできるほか、 お客様の銀行口座への振込融資も可能です。

申し込み方法によっては、手順が前後することもありますが、おおむねこれらの手順を経て、契約が行われます。

素早く審査を進めるコツとしては、どんな方法で契約するにせよ、一番最初はインターネットで申し込む、ということです。

電話申し込みは質疑応答で時間をとられますし、無人契約でんわBOX「てまいらず」を使うとしても、書類に記入をしてそれをスキャナで読み取る手順となります。

これにけっこう時間をとられてしまうため、入力が簡単なインターネット申し込みから入るのが時間短縮のコツです。インターネットで申し込みをしても、最後に来店契約をするか、それともWEB上で契約するかを選択できます。

無人契約機や店舗でカードを直接受け取るつもりであっても、インターネットで申し込みを先にしておけば、移動時間に審査が進むのでさらなる時間短縮になります。書類提出に関しては、公式サイトの書類提出フォームから画像データをアップロードして提出ができます。

そのほか、スマホアプリ、FAXを使った送信も可能。もちろん郵送も可能ですが、インターネットで送信すると一瞬で提出が済むので、そちらを利用したほうが契約までかかる時間がぐっと短くなります。

アイフルに在籍確認はある?

アイフルの審査で気になるのが在籍確認があるかどうかです。結論を言ってしまうと、必ずあるわけではない、といった具合になります。
アイフルでは基本的に在籍確認が行われます。

在籍確認が行われるタイミングとしては、申し込みのあとの電話連絡の際に、「在籍確認を行います」というニュアンスの通知があります。在籍確認がとれて、かつ提出された書類に不備がなければ、契約に進めるといったかたちになります。

ただ、在籍確認がない場合も実はあります。無人契約でんわBOX「てまいらず」で申し込みをする場合などは、申し込みと同時に本人確認書類や収入証明書の提出も行います。

書類の確認が先に行われ、特に問題がないと判断された場合は、在籍確認が省かれる場合もあるようです。自宅での申し込みなどでは書類提出が後になってしまうので、在籍確認が行われることが多いです。

在籍確認が行われるかどうかは、申し込んだ人の属性や他社借り入れの状況、希望する限度額の大きさなども影響するため、一概にある、ない、とは言いにくいです。そのため、在籍確認は、必ずあるわけではない、といった表現になってしまうわけです。

なお、申し込んだ日時が勤務先の営業日以外であったり、勤務先が外部に社員の存在の有無を含めて情報を一切漏らさないといった、やむを得ない事情があると、アイフルでは書類による在籍確認にも応じてもらえます。

この場合は、社会保険証や社員証、給与明細書、源泉徴収票などを複数提出して、確認がとられるようになっています。ただ、在籍確認をしたくない、といった単なる要望にはこたえてもらえないようです。

まとめ

以上がアイフルの特徴や審査の流れになります。アイフルのカードローンは、利便性が求められる消費者金融のカードローンとしては、非常にそつなくまとめられている印象があります。

インターネットによる申し込みをはじめ、各地の店舗や無人契約機の設置など、利用者がアクセスしやすいような環境が整えられています。即日融資への対応や30日間利息0円サービスなども含め、期待されているサービスにきちんとこたえているカードローンです。

一方で、「配達時間えらべーる」といったサービスをいち早く導入し、利用者のプライバシー保護への気遣いを行っています。手違いによる自宅への明細書の送付も防げるなど、細かい部分への配慮も行き届いているといってよいでしょう。

銀行の傘下に入り、大資本のメリットで攻めるライバル会社に対し、きめ細やかなサービスで対抗していこうとする姿勢が見えます。

なお、審査の通過率に関しては、アコムよりも低い時期が続いていましたが、次第にポイントが上昇しており、アコムの審査通過率に近づきつつあります。

これは審査が甘くなったというよりは、独自の与信スコアリングシステムの改善により、これまで拾えていなかった顧客を取り込めていることの証でしょう。今後は審査基準、サービスともにさらなる改善を期待したいところです。

アイフルの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜18.0% 1,000〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 借入後
返済システム
来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜70歳未満 借入後残高スライド
元利定額リボルビング返済方式
ネット上のみで完了