アコムで即日融資が可能か平日・土日、時間別に解説!

アコムで即日融資は可能なのか?

アコムでは、かなり早い時期から即日融資に対応しており、申し込みをしたその当日に借り入れをすることが可能です。

即日融資を実現するには、審査結果が当日中に出る、当日中に出金する手段がある、のふたつの条件を満たしていなければなりませんが、アコムはその両方を満たしています。

アコムの審査にかかる時間

アコムの審査時間は最短30分です。

手続きが最速で進めば、40分から1時間で借り入れを行える場合もあります。審査スピードはカードローンのなかでもトップクラスであり、特に問題がなければ当日中に審査結果が出るでしょう。

審査回答可能な時間は9時から21時となっています。

これは平日も土日祝日でも同じです。

アコムからの借り入れを当日中に出金するには

アコムでは、振込、ATM、店頭での直接受け渡し、の3つの出金方法があります。振込は楽天銀行の口座であれば、24時間365日、即座に振込が行われます。

楽天銀行以外の金融機関は、平日の14時30分までに手続き(ゆうちょ銀行のみ14時まで)すれば、当日中に振込が行われます。アコムのむじんくんで契約すると、その場でローン用のカードが発行されます。このカードを使うとすぐにATMから出金できます。

むじんくんに併設してあるアコムの専用ATMやコンビニなどに設置してある提携ATMが利用できます。また、平日であれば、アコムの店舗で直接借り入れをすることもできます。営業時間は平日の9時30分~18時(一部店舗は19時)です。

楽天銀行
曜日 受付時間 振込実施の目安
月曜〜日曜・祝日 0:10〜23:50 受付完了から1分程度
銀行・信用金庫
曜日 受付時間 振込実施の目安
月曜〜金曜 0:10〜9:00 当日 9:30頃
9:00~14:30 受付完了から1分程度
14:30〜23:50 翌営業日 9:30頃
土・日・祝日 0:10〜23:50 翌営業日 9:30頃
ゆうちょ銀行
曜日 受付時間 振込実施の目安
月曜〜金曜 0:10〜9:00 当日 正午頃
9:00〜14:00 当日 17:00まで
14:00〜23:50 翌営業日 正午頃
土・日・祝日 0:10〜23:50 翌営業日 正午頃

申し込む前にまず日時を確認

アコムで即日融資を希望される場合は、まずは現在の日時を確認しましょう。アコムの審査受付は24時間行われており、審査も朝9時から夕方以降、21時まで行われています。ただし、曜日や時間帯によっては、審査に通過しても当日中に借り入れができない場合があります。

まずは日時を確認し、適切な方法で契約、出金する必要があるのです。

平日か土日祝日か

まずは今日が平日なのか、土日祝日なのかを確認しましょう。平日であれば、すべての出金手段が利用可能なので、申し込みや契約方法の選択肢も増えます。

土日祝日の場合、当日中の出金手段が楽天銀行口座への振込、またはカードを使ってのATM出金に限定されてしまいます。まずは平日なのか土日祝日なのかを確認して、適切な契約方法と出金方法を選びましょう。

平日の14時以降かどうか

平日の場合、現在の時刻が14時以前かそれより後かで、選べる出金手段が異なってきます。手続きの完了が14時以前の場合は、どの金融機関の口座へも当日中に振込が可能です。

手続き完了が14時以降の場合、楽天銀行以外は当日中に振込を行えないため、楽天銀行の口座がないとATMからのカード出金のみとなります。

ただし、救済措置が設けられており、初回契約後の初借り入れの場合に限って、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行の口座は、平日の18時まで当日振込可能な時間が延長されています。

また、平日なら18時(一部店舗は19時)まではアコム店舗で直接借り入れすることも可能です。

平日に申し込む場合

平日にアコムで即日融資を受けるには、インターネット、電話、アコムの店舗、もしくは無人契約機であるむじんくんで申し込みを行いましょう。急いでいる場合、もっともスピーディーなインターネットからの申し込みがおすすめです。必要書類は本人確認書類です。

50万円を超える限度額を希望する場合、または他社借り入れと合わせて100万円を超える場合は収入証明書も必要になります。

手続き完了が14時以前の場合

手続き完了が14時以前であれば、出金手段も豊富なので郵送以外のどの方法で契約しても構いません。ネット契約の場合は14時までに必要書類の提出を済ませなければいけないことには注意しましょう。

審査にかかる時間も1時間以上はみておいたほうがよいです。

手続き完了が14時から18時の場合

楽天銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行以外の金融機関への当日振込が不可能になります。

この4行への振込を利用するのであれば、どの契約方法でも構いませんが、カードを使ったATM出金を選択するのであれば、むじんくんでの契約を選び、カードを直接受け取りましょう。店舗での借り入れなら、店舗で契約するという方法もあります。

18時を過ぎると

借り入れが楽天銀行への口座振込、またはATM出金に限定されます。楽天銀行の口座をお持ちの方であれば、ネットでの契約、むじんくんでの契約のどちらも選べます。

もし、楽天銀行の口座をお持ちでないならば、ATM出金のみとなるため、むじんくんで契約するようにしましょう。むじんくんの営業時間は21時までです。

土日祝日に申し込む場合

アコムで土日祝日に即日融資を受けたい場合は、申し込みや契約、および出金の方法が制限されることになります。申し込みはインターネットまたはむじんくんから、審査回答可能時間は平日と同じ9時から21時となります。

楽天銀行の口座をお持ちでない方

楽天銀行の口座以外には、土日祝日に振込をしてもらうことはできません。したがって、むじんくんで契約してカードを受け取り、ATMから出金するというのが、土日祝日に即日融資を実現する唯一の方法になります。

インターネットで申し込みをして、審査中にむじんくんに移動し、すぐに契約というのが最速の方法です。

楽天銀行の口座をお持ちの方

楽天銀行に口座をお持ちであれば、土日祝日でも即日振込みが利用可能です。

よって、インターネット申し込みから来店不要のネット契約でも、即日融資を受けられます。もちろん、むじんくんを使った契約も可能なので、都合のよい方を選びましょう。

在籍確認に注意

土日祝日の審査で問題になりやすいのが在籍確認です。

勤務先がお休みだと在籍確認がとれないケースがあります。この場合は、社会保険証と直近1ヶ月分の給与明細で在籍確認を代用することが可能です。申し込み後にかかってくる本人確認の電話の際に、書面での在籍確認ができないか尋ねてみましょう。

その他の注意事項

アコムでは即日融資に対応しており、審査に問題がなければ高確率で即日融資を受けられます。ただし、即日融資が保証されているわけではなく、審査が長引いたり、在籍確認がとれなかったりすると、審査結果が翌日以降に持ち越しになる可能性もあります。

審査を素早く終わらせるために、利用者側にもできることがいくつかあります。

入力する情報は正確に

申し込み時にいい加減な情報を入力すると、提出した書類との食い違いが出て審査がストップすることがあります。

他社借り入れの金額なども、信用情報と食い違いがあると審査が厳格になり、時間がかかりやすくなります。また、勤務先への電話番号は在籍確認に使用されます。きちんと職場につながる電話番号を入力するようにしましょう。

急ぎの場合は限度額を低めにする

希望する限度額が大きくなればなるほど、審査も厳格になります。特に50万円を超える限度額を希望すると収入証明書が必要になるなど、審査にかかる手間が増えます。

必要でないならば、希望する限度額を50万円以下に抑えるなど、限度額を低めに希望しても審査の進みは早くなります。

Fax契約について

アコムにはセブンイレブンのマルチコピー機を使った契約方法がありました。※2017年8月末をもって終了しました

契約の流れはネット申し込みの場合とほぼ同じ。
契約書や必要書類のやりとりをコピー機のFaxを通じて行います。

この方法も借り入れまでがかなり早いので検討してみてもよいでしょう。
ただし、むじんくんと違いカードは発行されません。

楽天銀行の口座をお持ちでない方はこの契約方法では土日祝日の即日融資ができないことには注意しましょう。

アコムの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
3.0%〜18.0% 〜800万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 定率リボルビング返済方式 ネット上のみで完了
契約極度額 貸付利率(実質年率)
1万円~99万円 7.7%~18.0%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
501万円~800万円 3.0%~4.7%