アコムでおまとめローンまるわかり

アコムでおまとめ一本化はできる?

アコムには、通常のカードローンのほか、事業者向けビジネスサポートカードローン、そして、借り換えやおまとめを目的とした「貸金業法に基づく借換え専用ローン」が用意されています。

アコムのおまとめ専用ローンである「貸金業法に基づく借換え専用ローン」は、借入残高を段階的に減らしていくための借り換えにあたるため、総量規制の対象外となっています。よって、年収の3分の1を超える金額を借りることが可能です。

ただ、借り換えの対象となるのは貸金業者からの借り入れのみ。つまり、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠からの借り入れだけをまとめることができます。

銀行カードローンからの借り入れやクレジットカードのショッピング枠の借り入れはまとめられないことに注意してください。申し込みはフリーコールへの電話から行います。そのあと、来店(店頭または自動契約機)して契約するか、郵送で契約を行います。

自動契約機からも契約が可能ですが、店頭や郵送による契約の場合と毎月の返済金額、返済期間、返済回数が異なるので、自分の返済計画に応じた契約方法を選ぶとよいでしょう。なお、アコムのおまとめローンは現在の借り入れの返済のみを目的とした商品となっています。

追加の借り入れはできない返済のみのローンとなります。

おまとめでどれくらい得になる?

アコムのおまとめローンは、金利7.7%~18.0%、借り入れできる金額は300万円までとなっています。借り入れが100万円を超えると上限金利は15%まで引き下げられます。

アコムでのおまとめで得になるのは、100万円以下の金額を2~4社から借りているという場合です。この場合の各社の金利は18%ほどになりますから、アコムへ借り入れを一本化し、借入金額が100万円を超えれば、金利は15%となります。

なお、アコムでは銀行カードローンやショッピング枠での借り入れをまとめることはできませんが、これらの金利は通常15%以下であることがほとんどです。一本化しても得をするケースはそれほど多くないので、あまり気にする必要はないでしょう。

アコムのおまとめローンを利用するもうひとつのメリットは、計画的な返済が進めやすくなることです。追加の借り入れができないローンですから、カードローンのように返済中に新規借り入れを行い、残高が増えてしまうことはありません。

返済は毎月口座からの引き落としで行われ、さらにいつでも追加で返済が可能です。一般的なカードローンでおまとめをするよりも返済に集中することができます。ちなみに他社への返済はアコムが代理で行ってくれます。

もちろん自分で返済をすることも可能ですが、返済先に返済を済ませたことを証明する書類を発行してもらって、それをアコムに提出する必要があります。不要な手間が増えてしまうため、他社への返済はアコムに行ってもらうほうが効率的でしょう。

アコムの「貸金業法に基づく借換え専用ローン」の審査について

アコムの貸金業法に基づく借換え専用ローンの審査でポイントになるのは、

・毎月安定収入があること
・借入件数が多すぎないこと
・過去5年間に金融事故を起こしていないこと
・アコムでトラブルを起こしていないこと

といった点です。

まず、毎月の安定収入ですが、これは通常のカードローンなどと同じです。おまとめローンでおまとめをしたあとは、毎月決まった金額を返していくことになります。この返済を行えるほどの安定した収入が毎月あることが求められます。また、借入件数が多すぎないことも重要です。

アコムが想定する他社借り入れの件数はおおよそ3~4社までです。これより件数が多くなると返済の負担も大きいですから、審査に通るのは難しくなります。おまとめローンを利用するつもりなら、自転車操業に陥る前に申し込みをすべきなのです。

おまとめローンの審査では信用情報も調査されます。過去5年間のうちに、長期延滞や債務整理をしたことがあると、審査で否決されてしまう可能性が高いでしょう。

ただ、そもそもこういったトラブルを抱えていると、通常カードローン契約などもできなくなり、継続利用中のカードも利用停止になります。現在カードが使えている状態ならば、信用情報を理由に否決されるケースは少ないかもしれません。

ただし、アコムでのトラブルは別です。信用情報の記録は5年(場合によっては10年)ほどで消えますが、アコムの社内データは消去されません。そのため、大昔の金融トラブルであっても、アコムには記録が残り続けます。

以前にアコムのカードローンで長期の延滞や債務整理をしたことがあると、おまとめローンの審査には通らない可能性が高くなります。

おまとめ後の返済について

おまとめローンを選ぶ上で重要なのは、おまとめ後にきちんと返済していけるかどうかです。特に毎月の返済金額には注意する必要があり、以前より返済金額が増えてしまった結果、延滞を起こしておまとめが逆効果になるという失敗例もないわけではありません。

アコムのおまとめローンでは、毎月の返済金額は、融資額の1.0%以上、1.5%以上、2.0%以上のいずれかとなります。ただ、自動契約機で契約する場合、毎月の返済金額が一番低い1.0%以上のコースを選ぶことができません。

このコースは郵送または店頭で契約した場合のみとなります。毎月の返済金額を少なくして契約したい、という方は、店頭または郵送での契約を選んだほうがよいでしょう。ただ、毎月の返済金額が少ないということは、完済までの期間が長くなるということです。

金利は下がったとしても、完済までの期間が長くなってしまうと、完済までに支払う利息の合計は増えてしまう可能性があります。

とにかく毎月の返済の負担を減らしたい、という場合ならともかく、利息の節約を考えておまとめをするならば、利息の支払合計がどうなるのかも事前にシミュレーションしておきましょう。アコムでは、追加返済も可能になっています。

完済までの期間を短縮してくれるので追加返済は利息の節約にたいへん効果的です。

アコムの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
3.0%〜18.0% 〜800万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 定率リボルビング返済方式 ネット上のみで完了