キャッシングの主流はカードローンです。当サイトでは人気の各社カードローンのスペック、審査、返済、借金一本化といった情報を紹介、解説しています。

キャッシングの審査の不安を少しでもなくすために

キャッシングでカードローンを利用するのが初めての方、借り換え・おまとめを検討の方、目的は様々だと思います。

決して避けては通れないのが「審査」です。

審査通過率は「消費者金融>銀行カードローン」

単純に審査通過率だけで言えば、消費者金融は40%台、銀行カードローンは20~30%と言われてます。 図は大手消費者金融3社のキャッシング通過率の推移です。 ですが、消費者金融の100万以下の金利は各社ほぼ18%に固定されてます。一方の銀行カードローンは14%台。

利息分を考えるとこの4%は結構大きいです。返済の回数が多ければ後々負担となってきます。 ですので、初めての方には多少審査は厳しいと言われてても銀行カードローンをお勧めします。

銀行カードローンを薦めるもう1つの理由「保証会社」

銀行カードローンの審査では保証会社が関わってきます。その保証会社が「消費者金融・クレジットカード信販会社」です。

大手銀行の保証会社は以下の通りです。

オリエントコーポレーションはクレジットカードのオリコカードを扱ってる大手信販会社です。 バンクイックと三井住友銀行カードローンはそれぞれ消費者金融が審査に絡んできます。

銀行カードローンの保証会社に該当する消費者金融や信販会社で先に借りてた場合、その銀行カードローンの審査が通りづらくなります。

審査が通りづらくなる理由

銀行カードローンが以前よりもスピーディーな審査が出来るようになったのは消費者金融やクレジットカード会社との提携です。 銀行は時間が掛かる審査を外部に任せて顧客拡大を目指しました。

消費者金融やクレジットカード会社は銀行の審査を受け持つ代わりに銀行から保証料を受け取ってます。

アコムで借り入れがある方が、バンクイックの借り換えを検討している。この場合、バンクイックの保証会社のアコムがGOサインを出すと思いますか?

限りなく審査は厳しいものとなります。理由は保証料が受け取れなくなる可能性が高いからです。アコムでの借り入れ分を全て完済し金利の低いバンクイックに乗り換えられるかもしれないからです。

消費者金融から先に申し込んではダメ?

銀行カードローンではなく消費者金融から申し込んではダメということではありません。

少額の借り入れで短期で返済が可能なら無利息サービスのある消費者金融を選択するのもアリです。 ただ長期の返済を考えてる場合は出来る限り銀行カードローンにしましょう。

審査を通りやすくするために

銀行カードローンの審査が不安で仕方ないという方のために、少しでも審査に通りやすくする方法として参考にしてみてください。

口座がある銀行カードローンを選ぶ

普段利用されてる口座、特に給料振込み、公共料金の引き落としといった取引口座の銀行カードローンに申し込みをしましょう。

あなたの普段のお金の使い道など銀行側からしたら丸わかりなので、最後のGOサインを出す銀行側からしてもOKを出しやすいです。

必要最小限の限度額または増額も視野に

審査は基本的に希望額が大きければその分厳しくなります。ですので、出来る限り必要最低限の希望額を申請しましょう。

また増額を視野に入れるのもいいでしょう。限度額は借入と返済の利用を繰り返すことで信用度が高まり限度額が上がることもあります。 また利用実績を作り6ヶ月~1年以上後に増額申請をし、審査に通れば限度額を上げることが出来ます。

限度額が上がれば金利が低くなることもありますので1つの方法として覚えておきましょう。

記事一覧